ストレスで便秘になる

便秘に悩む方は必見!便秘サプリ体験者推薦の人気ベスト5!

ストレスで便秘になる

= 63

ストレスを溜め込んでしまうと、便秘になってしまうというのは本当です。
ストレスを感じる事が多い方は、交感神経の働きが活発になりリラックスできなくなってしまうので、便秘を引き起こしてしまうのです。

便秘や下痢を繰り返していて、普通の便が出る事がないという方はストレスが原因で腸に影響が出ているという感じだと思うので、できるだけストレスは溜めないように生活する事が大切です。
上手にストレスを発散する事ができれば、便秘になる事はありません。
もちろん食事も偏らないようにする事が大切なんですが、肉ばかり食べないようにと我慢してしまうのもストレスになりますので、何でも「しすぎ」には注意した方がいいかもしれませんね。
外出先で排便を我慢したり、我慢しなければならない環境にいる事が多いという方は、頑固な便秘になってしまいますので、外出前にしっかり済ませておくよう心掛けてみて下さい。

ストレスが引き起こす「痙攣性便秘」

会社での人間関係や、育児での疲れなどで精神的なストレスを感じている人の中に、便意と共に腹痛があったり、排便しても細い便や、小さくコロコロした便がでる、そして排便してもスッキリせず残便感があり、下痢と便秘を交互に繰り返す、といった自覚症状がある人はいませんか?
それは「痙攣(けいれん)性便秘」かもしれません。
便秘の症状には色々ありますが、この「痙攣性便秘」の特徴は、精神的ストレスなどにより自律神経の働きが乱れる事が発症につながるという事です。
自律神経の働きが乱れると腸が通常よりも活発に動き、大腸が痙攣を起こしたように伸縮します。この症状が細い便やコロコロの小さな便、残便感の原因となっています。
このタイプの便秘は精神的なストレス以外にも、不規則な食事や睡眠時間など、生活習慣の乱れからくる場合が多く、男性に多い事も特徴の一つです。
また、症状が悪化すると過敏性腸症候群になる可能性もあるので、ストレス解消の為に趣味やスポーツで発散したり、睡眠時間を決まった時間に七時間以上とるなど、生活習慣の改善を図るといった注意が必要です。
もしも症状が長期化している場合は大腸ガンを誘発する原因にもなり、非常に危険な為、医者の診断を受ける事をお勧めします。

公開日:2014年9月5日

便秘解消

便秘解消サプリランキング TOP