痙攣性便秘とその症状について説明します

便秘に悩む方は必見!便秘サプリ体験者推薦の人気ベスト5!

痙攣性便秘とその症状について説明します

= 300

痙攣性便秘というものがあります。
漢字も難しいし便秘は全て共通のものだと思っている人が多いですが、便秘にもさまざまな種類がありますからね。
今回はその中でも「痙攣性便秘」の原因や症状などについて説明してまいります。

痙攣性便秘とは?

痙攣性便秘は機能性便秘というものの一つでございます。
精神的なストレスなどからなってしまうものでして、社会人に一番多い便秘です。

症状も様々でして、便秘になったと思ったら下痢になったりという繰り返しを起こしてしまう。
下痢でもうん○が出たら便秘ではないです。
ただ、今日は下痢でうん○を出すことができたが次の日、さらに次の日はうん○が出なくて便秘状態「に・・・。
さらに翌日にはまた下痢と、交互に繰り返すものは痙攣性便秘の症状の一つなんですね。
腸の機能がすごい活発だとすごく良いじゃないかってイメージを持たれますが実はその逆なのです。

元気すぎてしまいますと消化をする機能や吸収をする機能がまったく合っていないことになります。
そして水分ばかり取りすぎてしまい下痢になるわけですね。

この痙攣性便秘になってしまうと排便をするときに、大きいものがドンと出るわけではなく、コロコロとした丸い固いうん○が出ます。
小さいコロコロしたうん○はなんだかスッキリしないものです。

ほかにも下っ腹が痛くなってしまうなどの症状もありますね。

痙攣性便秘の原因は?

最初にも述べたように過剰なストレスが原因で起きてしまうものが多いです。
仕事でのストレス。
学校でのストレス。
家庭でのストレス。
など様々生活をしている間にストレスというものはたまってしまいます。

人に相談してスッキリできる程度なら良いですが深刻な悩みを一人で抱え込んでしまったりすると痙攣性便秘になってしまう恐れがあるのです。

ですから、できるだけストレスを貯めない方法を見つけるしかありません。
好きなことを見つけてみたり相談できる相手を見つけたりなどストレスにならないように努力をすることで痙攣性便秘を回避することができるでしょう。

ただ、過敏性大腸炎が原因のケースもあります。
食物繊維をたくさん接種しない!と間違えた食生活などを行ってしまうと過敏性大腸炎が原因になってしまったり、便秘だからといって下剤などを使用するのも原因の一つになってしまうので、下剤もできれば摂取しないようにし、自然に出すことが改善できる方法でしょう。

むしろ下剤を飲んで悪化する恐れもあります。

公開日:2015年4月27日

便秘解消

便秘解消サプリランキング TOP