便秘を解消するために生活習慣を見直すころから始めよう

便秘に悩む方は必見!便秘サプリ体験者推薦の人気ベスト5!

便秘になる原因である生活習慣の乱れ。水分や食物繊維の摂取が少ない方やトイレを我慢するクセは便秘になってしまうので、スムーズに排便できるよう意識する事が大切です。

便秘を解消するために生活習慣を見直すころから始めよう

= 503
この記事の所要時間: 510

便秘に悩んでいる人はたくさんいると思います。
現代は過敏性腸症候群に悩む方も多いです。
また、仕事によっては自由な時間にお手洗いにいけないという人と思いますが、排便を我慢することによって引き起こされる便秘もあります。

便秘には人それぞれ、様々な原因がありますが、まずは、自分の生活を振り返ってみて、便秘の原因を考えてみましょう。

便秘の原因を考えることにより、便秘を解消するための糸口が見つかるかもしれません。

それでは、便秘を解消するための方法について解説していきます。
自分の負担にならないように、実践できることを1つからでも、始めてみましょう。

食生活の改善

あなたはどのような食生活をしていますか?朝ごはんを食べずに仕事に行っていませんか?外食ばかりしていませんか?ダイエットによって食事を制限していませんか?便秘を解消するためには、バランスの整った3度の食事をとることがとても大切です。
また、食物繊維を含んだものを選ぶようにしましょう。
便を排出するには、水分や食物繊維の量がある程度必要なのです。

それでは、食物繊維を多く含む食べ物とはどのようなものがあるでしょうか。

・こんぶ・わかめ・ひじき・こんにゃく・そば・大豆・ごぼう・さつまいも・バナナ・えりんぎ・しめじ

上にあげた食べ物は食物繊維を多く含みます。

他にも、便秘解消に効く食べ物にも詳しくまとめています。

生野菜でも食物繊維をとることができますが、カサが多いのでたべるのがつらいという方もいると思います。そういうときは、茹でましょう。
野菜茹でることでカサが減るので食べやすくなります。
また、野菜を茹でるときに、えりんぎやしめじなどのきのこも一緒に茹でることで効率よく食物繊維を摂取することができます。
上手に食物繊維を摂取して便秘改善を目指しましょう。

また、朝ごはんを食べることはとても大切です。
朝は腸が活発に活動しているので、そのタイミングでごはんを食べ、排便をする習慣をつけることが大切です。
朝はどうしても時間がないですし、ゆっくりトイレにいくという時間もないと思います。
ですが、少しだけ早起きをして、朝ごはんを食べた後にトイレに行くという習慣をつけましょう。
たとえ排便がなくても、トイレに行く習慣をつけることで、便がスムーズにでるようになります。

時間がないと便を我慢してしまい、それが便秘に繋がるということがあるので、「便意をがまんしない」「朝食後トイレに行く習慣をつける」ということが大切です。

こまめな水分補給

先にも述べたように、排便のためには、水分と食物繊維が必要です。
食事にも水分が含まれていますが、それとは別に、しっかりと水を飲むことで水分を補給しましょう。
まずは、朝起きたときにコップ一杯の水を飲みます。
そして、一日で1,5L~2Lの水を飲むようにしましょう。
冷たい水や熱い水は内臓に負担をかけるので、できるだけ常温の水を飲みましょう。
冷たい水を飲みすぎると、それも便秘の原因になります。
身体が冷えることにより、自律神経のバランスが崩れ、便秘を引き起こします。

ストレスでも自律神経のバランスが崩れ、便秘になるように、自律神経のバランスを崩すということは便秘と大きく関係しています。

また、便秘解消のための水分補給には「水」が一番適しています。
それは、カフェインや砂糖が含まれていないからです。
例えば、コーヒーを飲んだあと、すぐにトイレに行きたくなりませんか?それは、コーヒーに入っているカフェインに利尿作用があるからです。
すぐにトイレにいきたくなるということは、飲んだ水分が身体に吸収されずに、尿として排出されてしまうということです。
せっかく水分をとっても、大腸に吸収されずに排出されてしまっては、便秘解消にはなりません。
常温の「水」を飲むことによって、便秘解消を目指しましょう。

ストレスをなくす


ストレスをためると、自律神経のバランスが崩れ、便秘を引き起こします。
また一番最初に述べたように、現代では、過敏性腸症候群に悩む人も多くいます。
それは、下痢や便秘を繰り返す病気です。

ストレスは身体の中のバランスを崩し、様々な病気を引き起こします。

身体の負担にならない程度に散歩をしてみたり、運動を楽しんだり、趣味を楽しむことで、ストレスをためない身体をつくりましょう。
心が健康だと、自律神経のバランスも整い、腸の動きも活発になります。

自律神経を整える

先ほどから「自律神経」という言葉を出していますが、「自律神経っていう言葉は知っているけど、自律神経ってなんなの・・・?」という人もいるのではないでしょうか。
自律神経とは、心臓や胃や腸というようなすべての臓器をコントロールする大切な神経です。
朝から昼に向けて「交感神経」が上がり、それから下がっていきます。
そして昼から夜に向けて「副交感神経」が上がり、それから下がっていきます。
その「交感神経」と「副交感神経」をバランス良く保つということが「自律神経が整っている」という状態です。

では、自律神経を整えるにはどうしたら良いでしょうか。
大切なことは「太陽の光を浴びる」ということと、「朝ごはんを食べる」ということです。
朝ごはんの大切さについては食事のところで述べたのでここでは省略します。
「太陽の光を浴びる」ということは、自律神経の整えるためにとても大切なことです。
朝起きてカーテンを開けて太陽の光をあびることで、身体が「朝がきた」ということを感じます。
そうすることで、体内時計がリセットされ、先ほど述べたように昼に向けて交換神経が優位に働きます。
交感神経と副交感神経の優位の切り替えとバランスが、自律神経を整えます。
自律神経が乱れるとうつ病など心の病気にかかることもあります。
それほど、自律神経とは身体の中で大きな働きをしているのです。
最初に述べたように、自律神経とは、臓器をコントロールする神経です。
自律神経を整えることにより、腸も正常に働き、便秘を解消することができるのです。

便秘解消

便秘解消サプリランキングへ戻る

 - 便秘解消の方法

公開日:2016年4月8日